うぐいす鳴かせたこともある


好きになる想いが生きる力だから・・・
by akarui-hizashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

"On & On" Erykah Badu (1996)

c0034604_22444338.jpg
2月26日はErylah Badu(エリカ・バドゥ)の誕生日。彼女のライブは2回、見に行きました。正確に言うと、もう1回行くはずでしたが、チケットを買ったのに体調を悪くし断念した苦い思い出があります。

彼女のライブはとても神秘的。
ステージ上に描かれたその空間は、1歩踏み入れたら2度と出てこられないような妖しさでいっぱいでした。マイクの両側で炊かれたお香はさらにその深みを増し、何度も味わいたくなるような危険な甘い蜜を魂に注がれているような恍惚感を何度ももたらしてくれました。

彼女の魅力はなんと言っても、可愛らしさの中にも呪術的な響きをもったあの声ではないでしょうか。ステージで体をゆったりとくねらし歌うさまは、現代に現れた巫女のよう。

アルバムを発表するたび、だんだんと、過激でアーティスティックな音作りをするようになってきたので、もう一度、原点に戻ったゆったりとしたアルバムを届けてくれないでしょうか。今の方向も好きですけど。

これはデヴュー曲の、"On & On"。
同じようなことが延々(on & on)と続く人生を、なげきとも、あきらめとも言える心情を、くり返される"My cipher keeps movin' like a rolling stone"という歌詞に表して歌っています(おそらく)。
『まぁ、でも強く生きていくわよ』みたいな、覚悟を決めた強い女性のイメージも見え隠れしますけどね。その強さも彼女の魅力の一つです。

[PR]

by akarui-hizashi | 2012-02-27 23:51 | シングル
<< "Cheese Ca... 『新・平家物語 ①』 吉川英治... >>