うぐいす鳴かせたこともある


好きになる想いが生きる力だから・・・
by akarui-hizashi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

"Walk Of Life" Dire Straits (1985)

c0034604_0463035.jpg
宇宙飛行士の野口聡一さんと、イギリスのバンド『Dire Straits:ダイアー・ストレイツ』。果てさて、どこに接点があると思います?

先ずはビルボードチャート最高7位、ダイアーストレイツの"Walk of Life"を、お聴き下さい(この時点でピンと来た方はお帰りくださいって、嘘うそ)。



軽快で心弾むイントロで始まるこの曲。
嫌いになる人はいないんじゃないかと思いますが、実はこの曲、NASAのスペースシャトル飛行の際、目覚まし時計の曲として使用されました。ときは2005年8月、スペースシャトル・ミッションNo.STS-114の7日目のこと。野口聡一さんと一緒に船外活動を行うスティーブン・ロビンソンに対して、地上から送信されたのです。

こうした起床コールは毎日、地球上から船員に送られるそうで、日本人である野口聡一さんに対しては、5日目に『さんぽ(となりのトトロ)』、13日目の帰還準備日には『世界に一つだけの花(SMAP)』が送られました。

今回とりあげた"Walk of Life"には、『職業』という意味があります。
歌詞を見てみると、ストリートミュージシャンを歌った内容で、歌うことが彼にとっての仕事なんだよ、がんばっているんだよみたいなメッセージを感じ取ることができますよね。その点を宇宙飛行士に対して応援ソングとして送ったのではないでしょうか。『起きてください。仕事ですよ~』って。聞かされた船員達はそのアメリカンジョークに苦笑しつつも目覚めたのでしょうね(恐らく)。

で、今回も非難覚悟で意訳をしてみました(1番だけ)。

Here comes Johnny singing oldies, goldies
Be-Bop-A-Lula(ジーン・ビンセント), Baby What I Say(レイチャールズ)
Here comes Johnny singing I Gotta Woman(レイ・チャールズの曲)
Down in the tunnels, trying to make it pay
ジョニーが歌うは懐メロソング
『ビーバップ・ルーラ』に『ホワット・アイ・セイ』
レイ・チャールズの『アイ・ガッタ・ウォーマン』
地下に陣取り、金稼ぎ

He got the action, he got the motion
Oy Yeah the boy can play
Dedication, devotion
Turning all the night time into the day
ポーズもきまって、ダンスもいけてる
奴の演奏すごいんじゃん
誠実さ~と愛情もあって
世の中、明るくしてくれる

He do the song about the sweet lovin' woman
He do the song about the knife(Bobby Darinの歌)
He do the walk, He do the walk of life, yeah He do the walk of life
いとしのあの子を歌うよ
『マック・ザ・ナイフ』もね
明日もね、歌い続けるよ、だって仕事だもん

こんな感じ・・・かな?

さて、今回、この曲を唐突に取り上げたわけではありません。
3月5日は、このイントロのキーボードを弾いているダイアー・ストレイツのメンバーである、Alan Clarkさんの誕生日だったからです。このバンドには、この時期、キーボードのメンバーが2人在籍しているのですが、ビデオで見る限り彼が弾いているようです。ライブ映像などを見てみると、もう一人のキーボーディストであるGuy Fletcherが弾いているときもあるようです。

先ほどのビデオはアメリカ・バージョンでしたが、こちらは本国イギリス・バージョンのPVです。


c0034604_0465545.jpg

Happy Birthday Alan Clark

Brothers in Arms

Dire Straits / Warner Bros / Wea


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-03-06 22:03 | シングル
<< "Centerfol... "Theme Fro... >>