うぐいす鳴かせたこともある


好きになる想いが生きる力だから・・・
by akarui-hizashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

"Story of My Life" Social Distortion (1990)

c0034604_23494355.jpg
ハラハラと、頭の上に枯葉が1枚落ちました。
こんなにも桜の花びらが散るなかだと言うのに・・・。

溌らつと新しいスーツに身を包み、仕事へ向うYoug Japaneseの姿を多く見かける、春の街。
そんな姿を見ては、『今だけだよ光っているのは。悲しいことに、半年もすれば誰でも灰色にくすんでいくんだよな~』という目で見てしまう私に、『お前もな』って枯葉にたしなめられたのでしょうか。
いや。実際、まぶしすぎるんだよ。新人っていうのは(汗)。

そんなNew Comerな新人に、この歌を捧ぐ。

半年?1年?3年後?
きっと、あなたは共感しているはずw
私が持っているこの曲が入ったアルバム"Social Distortion"は、EPIC社の輸入物ですが、4つ折りのジャケットの裏側に全曲、歌詞が書いてあります(ただし、ジョニーキャッシュのカバー曲"Ring of Fire"を除く)。

私の適当な解釈で訳してみました。なので責任は持てませぬ…
(なんて無責任な大人なんだ、俺は)。
High school seemed like such a blur
I didn't have much interest in sports or school elections
And in class I dreamed all day
About a rock'n'roll weekend

高校なんて"染み"みたいなもんだったな
スポーツや選挙活動なんかにゃ全く興味がなかったし
教室に居たって、俺は1日中
はじけた週末のことを考えてたしな


And the girl in the front of the room
So close yet so far
Y'know she never seemed to notice
That this silly school-boy crush wasn't just pretend

教室の前の席に座る、気になるあの子
そんなもんは近くて遠い存在だったけどな
わかるだろ。彼女は絶対、気がつかないのさ
このバカな同級生の想いがウソじゃないってことなんかにはさ


Life goes by so fast
You only want to do what you think is right
Close your eyes and then it's past
(it's the) story of my life

あっという間だぜ、人生なんて
正しいと思うことだけやりたいんだろうな、あいつらは
目を閉じれば、昔のことが目に浮かぶぜ
俺のくそみたいな人生がさ


And I went down to my old neighborhood
The faces have all changed, there's no one left to talk to
And the pool hall I loved as a kid is now a seven eleven

昔、住んでたところに行てみたよ
変わっちまったよ顔ぶれが。話し相手が一人もいない
ガキの頃、大好きだったビリヤード場も、今じゃ、『セブン・イレブン』さ


I went downtown to look for a job
I had no training, no experience to speak of
I looked at the holes in my jeans and turned and headed back

仕事を探しに町まで行ったはいいが
悲しいことに、語るほどの訓練も、経験も、俺にはなかった
ジーパンの穴ぼこ見つめて、きびすを返し、家路についたよ


Good times come and good times go
I only wish the good times would last a little longer
I think about the good times we had and why they had to end

良い時っていうのは、やってきては、行っちまう
願わくば、もうちょっと続いてほしいもんだな
つかんだ成功がなんで終わらなければならないんだと思うのさ、俺は


So I sit at the edge of my bed
I strum my guitar and sing an outlaw love song
Wonderin' bout what you're doin' now and when you're comin' back

そんなわけで俺はベッドの端に座ってるしかないんだよ
ギターをかきむしっては、つまはじき者のラブソングを歌うしかないのさ
あいつら今、何してんのかって思うよ。
いつか(俺のとこに or 俺の立場に)戻ってくるんじゃないかなってさ


セブンイレブンが歌詞に出てくるなんて、この曲くらいじゃないでしょうかw

好き過ぎる曲なので、もう1度。
歌詞をじっくりとかみしめてね。
実は、この"Story of My Life"という曲との出会いは、『ギターヒーロー』というゲームでした。コントローラーが本物のギター・サイズになっているタイプで、このほかにも沢山の洋楽が詰め込まれています。なかでもこの曲が、弾いてて(遊んでて)気持ちがよかったので、このアルバムを手にしたしだいです。
やさぐれアウトローなロックをお好みの方には、最適なアルバムではないでしょうか。イギリスのバンド、クラッシュへのアメリカからの回答みたいな雰囲気があって、最高ですよ!声質もジョー・ストラマーっぽいし。

Social Distortion

Social Distortion / Sony


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-17 21:16 | シングル
<< "Ring of F... "Young Ame... >>