うぐいす鳴かせたこともある


好きになる想いが生きる力だから・・・
by akarui-hizashi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

"No More Tears" Ozzy Osbourne (1991)

c0034604_034077.jpg
特定のジャンルの音楽に対して超えられない壁を作ってしまうと、なかなか、そのジャンルのアーティストを知ることはありませんよね。私にとって、80年代のヘヴィー・メタルがそうでした。

メディアから配信される彼らのニュースはショッキングで、その横に添えられたおどろおどろしい写真が、さらにそのイメージを助長していました。
まず、ジャケットがだめ。当時は、とても受けつけられませんでしたね。
c0034604_9482161.jpg

でも、10年、20年とたっていくにつれ、そうしたヘビメタへのイメージは払拭され、手にとって聴いてみると、全然、そんなことはなかったんですよね。
笑っちゃうくらい、ライト。
想像していたヘヴィーなイメージは、なんだったんでしょうって感じです。

そのギャップの大きかったアーティストの代表格が、OZZY OSBOURNE

それでも最初は恐る恐る。
初めて買ったのが、彼の中で1番普通のジャケットの"No More Tears"でした。
このアルバムはオジーの6枚目のアルバムで、2曲目の"I Don't Want To Change The World"で、オジー初のグラミー賞(ベスト・メタル・パフォーマンス部門)を受賞しています。売上も400万枚と、彼のキャリアで2番目に売れたアルバムです。

シングルカットされた、アルバムと同じタイトルの曲"No More Tears"は、約7分半と、とても長い曲で、ラジオではショート・バージョンが流されていました。結果、71位止まり。
YouTubeだと分かりづらいですが、この曲をぐいぐいと引っ張っていくベース音が、私は大好きです。

こういった長い曲は、ラジオから流れるレッド・ツェッペリンの『天国の階段』がいつも尻切れトンボのままで終わってしまうのと、同じですね。全部聴いてなんぼのもんって曲ですから(プリンスの『パープルレイン』しかり)。『天国の階段』は、初めて全部聴いたときに、レコードショップに駆けつけました。それまで(ショートバージョンしか知らなかた時)は、たるい曲だな~って失礼なことをずっと思っていました。

さて!

前口上が長くなりましたが、なんと、明日、4月26日(木)からInterFMの番組「YOUNG BLOOD」にて、新コーナー「高城れに の King of Rock!」の放送がスタートすることになりました!

高城れに?誰それ?

知らないんですか?!
あの、高城れにちゃんですよ。
あの、週末ヒロインももいろクローバーZのメンバー、紫の、びりびり感電少女の、
『た・か・ぎ・れ・に』
ちゃんですよ!

大事なことなので、2回言います☆
放送日時は、毎週木曜夜10時20分頃〜 約10分間(4月26日スタート)。

このコーナーでは、毎週、ももいろクローバーZの感電少女・高城れにが影響を受けた、世界における数々のロックスター達を紹介するという、洋楽好きで、ももクロ好きには夢のような番組です。

そして、初回(4月26日)は、な~~~んと、
へヴィ・メタル界の生ける伝説、オジー・オズボーン!!!

もう、おわかりで。
今日は、高城れにちゃんのラジオ番組開催記念ブログでした~w

頑張れ、笑顔が1番、高城れに!
世界のももクロ、高城れに!
黄色推しなんだけど・・・

ノー・モア・ティアーズ

オジー・オズボーン / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル





<おまけ(曲調の変化が似ています・・・)>
"No More Tears"が3分40秒あたりで突然、曲調が変化する点が、ももクロの『ミライボウル』の転調を思い起こさせますねw
最近、何を聴いても、ももクロに結び付けてしまいます。
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-26 00:28 | ももクロchan
<< "Crazy Tra... ももクロ『夏の全国ツアー』と&... >>