うぐいす鳴かせたこともある


好きになる想いが生きる力だから・・・
by akarui-hizashi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:フジロック( 12 )


3日間、行けばよかった~

c0034604_5325669.jpg
今年のフジロックを少し振り返る。
参戦したのは最終日のみ。
現地到着は3PM。

最初に見たのは、JIMMY EAT WORLD。
なつかしい。
しっかりした演奏で楽しめて、
『あ~。今年もフジロックに来たんだな~。来てよかった~』
と、心にエンジンがかかる。
足元は雨で田んぼ状態、肥溜めのような臭いだったけど(ほんと、くさかった!)。

次は、CLAP YOUR HANDS SAY YEAH。
長ったらしいバンド名だ。
ひねくれたカエルのようなボーカルにとりつかれ、演奏も期待以上に素晴らしく大満足。

そし大本命の、ANIMAL COLLECTIVE!
その前に温泉に入っていたため、ステージにたどり着いたのは開演後。
会場はかなりの人。
隙間を通り抜けて、なんとか前の方に。
今年CDを聞いてショックを受けて、かなり期待していたんだけど。。。
なんだか、つらい!
なんか違う!
轟音が耳障り。
演奏のバランスについていけない。
これはアニコレを知らない人には辛いだろうな~と周りを心配。
取りあえず1番聴きたかった、"My Girl"までは踏ん張ろうと辛抱。
しかしその演奏も期待はずれ。
あ~、どうしよう。
最後までここにいるべきか。
迷っていると、のちに知ることとなる"Firework"という曲で打ちのめされる!
最初にこれやりなよ、も~。
その演奏に救われ、なんとか満足。

その帰り、WEEZERを2~3曲聴いて、テントに向かう。
BASEMENT JAXXはきっと踊れて楽しいだろうな~と寝っころがって予定をたてていたら寝てしまいました。あちゃ~!

来年こそは前夜祭含め、3日間行くぞ~。
c0034604_5331474.jpg

[PR]

by akarui-hizashi | 2009-08-02 05:33 | フジロック

Fuji Rock '07 【First Day】

c0034604_1373788.jpg結局、体調不良のため、楽しみにしていた前夜祭は断念。
荷物の準備は、真夜中から始める(テント、かっぱ、傘、二日分の着替え、タオル、薬、飴、お風呂セットなど)。

【フジロック初日】
朝6時に家を出る。

7時前に東京駅に着き、新幹線指定席の切符を購入。

ちょっと時間があったので、駅のホームで、FujiRock特集で話題のインターFMを聴いてみることに。
すると流れてきた曲は、なんとIggy Popの
”The Passenger”~☆
なんか、オレのフジロックが今、始まった気がした。
Lust for Life
Iggy Pop

指定席は先頭車両で、絶対フジロッカーという人達ばかり♪
話しかけようかと思ったけど、ほら、オレってシャイだから。。。

1時間半もかからないうちに無事、越後湯沢駅に到着。
改札をすぐ出たところの売店では、フジロック・クッキー(1,000円:写真参照)、フジロック・せんべい(500円)、フジロックのパンフレット(1500円だったかな)を求める人たちの物凄い行列が!
去年、のんきに帰りに買おうとしたところ、売り切れだったことを思い出し、行列に並ぶ。10分くらい待てば買えたかな。パンフレットは買わなかったけど。

次に忘れちゃならないのが、湯沢駅名物 『ぽんしゅ館』 。
ここは試食が豊富で、小腹を満たすのにとっても最適(おいおい)♪
チーカマ、漬物、おまんじゅう。
これだけ食べれば満足満足(ごめんよ、帰りには買って帰るから)。
有名な”酒風呂”をチェックすると、普段の入浴時間10:30~17:30が、28~30日のフジロック期間中、早朝5:30から営業と張り紙がしてある。この最終日29日をオールした人が月曜の朝、入浴して疲れを取りんしゃいという配慮が感じられ、ちょっと嬉しくなる。

さ~、次が最初の難関、送迎バス待ち(><)/
炎天下のもと、ほんと辛かった。
朝、リポビタン飲んできて正解だったよ。
あとで知ったんだが、タクシーで会場まで5~6000円だったとか。
相乗り募集すれば、一人1,000円くらいで行けたかも?
来年、チャレンジするつもり。

やっとこさバスに乗り、いざ苗場の会場へ!
去年、初めて行ったのに、道中の景色がとてもなつかしかったな~。
こんなにも覚えているもんかってぐらい、鮮やかによみがえる。
記憶って不思議。。。

さ~。着いたよ、着いたよ。天気は絶好調~☆
バスを降りてから会場までの道のりには、いつものダフ屋、さびれたホテルに、つぶれそうなBar。いや~、変わってないね~、嬉しいよ~。来たよ、オレ、フジロックゥ~(><)/

無事、チケットをリストバンドに交換し、いざフジロック・ゲートへ!
まずは、キャンプサイトでテントはらんとね。
いつもテントを張っている、E-サイトの場所で水分補給をしようと自販を探すと、いつもあった場所に・・・・・ない!無くなっている・・・・Orz
体はカラッカラに渇いているのにぃ。。。
ここで負けていてはいけません。早くテントを張って、下界のライブ会場へ行けばイヤというほど飲めるさと、ここはひとまず踏ん張ってテントをこさえることに。てきぱき、てきぱき。

会場は自販も屋台も、ペットボトルはどこも1本200円。
ちょうどお昼どきだったので、どこの屋台も混んでいる。
でも、去年ほどじゃない。
やはり、今年のメンツのせいかな?
去年は旬のレッチリだったからね。
今年は旬を過ぎた大物(?)ばかりだから。
などと考えつつ、いつもの『ぐるぐるソーセージ』を注文する。昼はこれだけ。
あんまり食べると、トイレに行きたくなるしね。

やっと本題。
【フジ一組目】 中孝介
都会で汚れきった心を彼の清んだ歌声で浄化。演奏はピアノのみで、彼の歌声がストレートに耳に届いてくる。ステージバックの木々たちが、彼の歌声に呼応するかのように、やさしくたなびいていたのが印象的。なんか、フジロックにやってきたんだな~と、広大な自然に包まれて、充実感がわいてくる。出だしロックってのが普通かもしれないけど、こんな癒し系島唄もありだね♪4~5曲で終わっちゃったけど、物足りなさを感じるくらいが癒し系は私的に充分かな。ただ、アヴェ・マリアはいらなかった。色んな人が歌ってるし、『えっ、ここでも~(^^;』とちょっと萎えた。

【フジ二組目】 Steivie Salas Colorcode
げげっ!すごいじゃん!テクニックのあるギタリストはやっぱ違う。前もってたてていた予定表では、ノーマークだったんだけど。耳に届いてくるゴリゴリの分厚い音に、ついフラフラと会場へ。演奏中、しょっちゅう『俺をリスペクトしろ』と観客をあおっていたけど、そんなことしなくても、みんなあんたをリスペクトしまくってたと思うよ。私も自然とこぶしを上げて踊っていたし。体は正直。俺のフジロック魂完全起動!そうそう、最後、モニターにギターを投げつけてたよ、サラスのおいちゃん元気だねw

【フジ三組目】 RailLoad Earth
会場に近づくにつれ、軽快なブルーグラスっぽい音楽が聴こえてくる。サラスのおかげで、彼らのライブは途中参加だったわけだが、なんかイーグルスぽいコーラスもあり、来て正解だった。聴いてて気持ち良い。ちょっとよくわからなかったのが、ヴァイオリンがちょっと早弾きするたびに会場が沸いていたこと。何かかわいいw 最初のうちは心地よく聴けたのだが、2~3曲聴いたらだんだん冷めてきて会場を離れる。これがありなら、来年は ”ルナサ” か ”カルロス・ヌニュス” を呼んでよスマッシュさん。もっと盛り上がるよ~☆

体力は十分だったんだが、この時点で足の裏が痛くなる!

【フジ四組目】 Kings Of Leon
会場についたときには何曲か終わっていたのだが、なんの仕掛けもない、硬派なロックに自然と引き込まれる!踊るというより、聴きこんでしまう。そんな完成度の高いロック。初日はこれで十分だ~と、ミューズ&キュアを切ることにw
Because of the Times
Kings of Leon

案の定、足に限界がきて、この日は終了。。。
”ところ天国”奥の中華屋でラーメンを食べ、とぼとぼとテントサイトへ。
とちゅう、Kings Of Leonのサイン会の場面にあたったが、足の痛さに負け、横目でチラ見するのみ。
トリのMuse&Cureの時間だったので、苗場温泉は非常にすいてて気持ちよかった☆

明日もあることだし、9時前には寝てたよw
[PR]

by akarui-hizashi | 2007-08-02 01:35 | フジロック

痒くてたまらん、フジロック!

c0034604_1112947.jpgフジロック水(1本200円)→

紫外線をバカにしてはいけませんね。両腕が痒くてしかたありません。原因は、越後湯沢駅前でのシャトルバス待ちにあります。フジロック初日(27日)、炎天下のもと、肌を紫外線にさらすこと1時間半。すっかり両腕がこんがりと焼けてしまいました。
ライブ中での日焼けならともかく、バス待ちでの日焼けが原因で、こんなにも痒い思いをしなきゃならないとは納得がいかないよ、も~。
今日は、会社を午前休して皮膚科なるものに初めて行ってきました。

【フジロック初日】
中孝介 → スティーヴィーサラス → レールロードアース → キングス・オブ・レオン → テント行き(案の定、この時点で足が痛くなりこの日は終了。。。ミューズとキュア見れず)

【二日目】
モノラル → ジュリエット&ザ・リックス → 髭(HIGE) → パノラマ・スティール → 川で水浴び(小一時間休息) → スイッチズ → !!!(chk chk chk) → テントで休息 → ファイスト → テント行き(終了)

【三日目】
越後湯沢駅の周辺を観光 → 再度、苗場に戻り”MIKA”を見る → もう体(特に足)が限界。おとなしく帰りました。。。

気付けば、三日間とも夜のトリを見ずに帰ってきたことに!!!
来年はもっと体力(特に脚力)をつけてフジロックに望みたいと思います。。。

ちなみに【ベストアクト】は、!!!(チック・チック・チック)です。
狂ったように踊りまくってきました。
見知らぬ周りの人達、ごめんなさい。ひいちゃいましたよね?
意外と良かったのが、スティービーサラス。
!!!の次に良かったかも?!
[PR]

by akarui-hizashi | 2007-07-31 01:17 | フジロック

眠れなかった・・・

ゲゲッ。朝だよ、もう。
結局、眠れんかったよ。

フジロック前夜祭のために会社休み取ったのにさ、昨日は朝から片頭痛だし。
夕方くらいまで、アイスノンしながら寝てたので、今日は徹夜。
ま、いっか。
てなわけで、これから行ってきま~す☆

ちゃんと、前日投票はしたよ~ん。

c0034604_4401739.jpg
The Reminder Feist (フジロック二日目出演:輸入版歌詞カード付)
YouTubeでビデオを見て以来、心奪われてしまったアーティスト。
その名も、Feist(ファイスト)。
最初、試聴したときは『ジャケはおしゃれだけど、なんだかな~』とスルーしていたのですが、"1,2,3,4"と"My Moon My Man"のビデオを見てからファンに。
フレンチ・ポップス?と思ったのですが、ただ単に舌ったらずなだけで、歌詞見たら英語でした。
My Moon My Man”は今年のベスト・PVかも?!
[PR]

by akarui-hizashi | 2007-07-27 04:54 | フジロック

フジロック予定表

木曜日も休みをもらい、前夜祭から行くことにしました☆
帰りは月曜朝市の新幹線。会社、間に合うかな???

<予定表>
26日
前夜祭(苗場音頭でエッサッサ~)

軸とするライブは、以下の通り。
27日:渋さ知らず、中孝介、レールロード、レオン、ミューズ
28日:ファイスト、!!!、クーラ、イギー、ビースティー
29日:バトルズ、クラップユアハンズ、ミーカ、ケミブラ
以上!
これだけ楽しめりゃ十分だ~。

ユライ花 中孝介
初日の1番の目当ては、キング・オブ・レオンからこの人に替わりました(最近、テレビで見て心が洗われたので)。
[PR]

by akarui-hizashi | 2007-07-23 22:33 | フジロック

やっと届いた3日通し券 & キャンプサイト券☆

c0034604_122275.jpg
昨日、チケットがやっと届きました~☆
ほとんどサマソニ気分でしたが、ちょっとだけフジロック気分になってきましたw

初日の金曜はどうしよう?
会社、休む?

う~~~ん。。。

さっき、タイムテーブルを見て、金曜を休んだときの予定をちょと考えてみた。

初日7月27日(金)
(全く邦楽を聴かないので、いい機会だから初日は邦楽Dayにしてみた)
11:00~:捏造と贋作
11:30~:渋さ知らずオーケストラ
12:00~:赤犬
ラ~ンチタイム & シエスタ~♪
14:45~:中孝介
15:15~:フジファブリック
16:30~:RAILROAD EARTH (この辺から洋楽タイムへ!)
17:30~:KINGS OF LEON (初日の1番のお目当てがコレ!)
18:45~:ELANA JAMES AND HOT CLUB OF COWTOWN
19:30~:体力限界→メシ→いったん温泉に行く→おそらく、死んだように眠る。。。Orz

こんな予定通り見れるわけないけどさ(汗)。

しかし、21:00~(苗場食堂)の『三上寛』がとっても気になる、気になるw
[PR]

by akarui-hizashi | 2007-07-06 01:06 | フジロック

今年もよろしく、ふじろっく♪

ふじろっく、開催決定*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!
c0034604_20522611.jpg

[PR]

by akarui-hizashi | 2007-01-01 20:53 | フジロック

ふじろっく2日目 夜~①

c0034604_15554935.jpg”VITAMIN” 電気グルーヴ


疲れてテントで休憩すること数時間。
眠りから目が覚めればあたりは真っ暗!
気がつきゃレッチリ開始2時間前!!!
遠くから、電気グルーブの『シャングリラ』のメロディが!!!
うわっ!ジュニアシニアのライブ聞き逃した~~~~!
急いで、レッチリのステージへ行かにゃ~(ガバッ)!


<グリーンステージ>電グル
案の定、モッシュ・ピット(ステージ前列)は入場制限で入れず。
しかしあきらめずに人ごみの間をすり抜け、徐々に前進。
なんとか中央より、やや前を陣取る。
電気グルーブのテクノ・サウンドがいや応なしに体を揺らす。
”ふじさん”の歌はよかったな~ヽ(´ー`)ノ

”Fu・Ji・Saaaan!Fu・Ji・Saaaan!高いぞ高いぞ、Fu・Ji・Saaaan!!!”
”Fu・Ji・Saaaan!Fu・Ji・Saaaan!すごいぞ、すごいぞ、Fu・Ji・Saaaan!!!”
”Fu・Ji・Saaaan!Fu・Ji・Saaaan!危険がいっぱい、Fu・Ji・Saaaan!!!”

フジロック10周年を祝うかのように、オーディエンスみんながこぶし上げてたよ。
う~ん、耳から離れない。このフレーズ。。。
[PR]

by akarui-hizashi | 2006-08-09 15:58 | フジロック

ふじろっく2日目(昼~夜)

c0034604_026641.jpg<オレンジ・コート>MarinesBigBand13:00~
がっら~ん。。。。。人いない!
ここはUDOフェスか?!
『まっ、いいや。すいてて気持ちいい』と気を取り直し、前の方に移動。

しかし、ウッドベースの機材トラブルでいっこうに始まる気配がない。
待ちくたびれたので、他のステージに移動しちゃいました。
さよなら。一曲も聴けなかった、Marines Big Band…。
彼らは無事演奏を始められたのだろうか?

次に向かったのは、レッド・ステージ。
ミステリー・ジェッツ目当て☆

ここにたどりつくまでに、かなり長い距離を歩いたわけで、買い食いを結構しましたw
なかでも、ぐるぐるウインナー(ソーセージをペロペロキャンディみたいに串に巻いたもの)が印象的。味は普通でしたけど。


<グリーン・ステージ>ザ・キングトーンズ
レッドにたどり着くまでには、これまた色々なステージを横切るわけで、グリーン・ステージではあの『ぐっな~い、ぐっな~い・ベイビ~♪涙こらえて~♪』のキングトーンズのおじさんが歌ってました。バックコーラスには若手を揃えての編成で60's満載。いろいろ聴けて気持ちよかったです。


<レッド・マーキー>ミステリー・ジェッツ 14:10~
さて、やっとレッドにたどり着いたわけですが、ここはフジロックで唯一屋内ステージ。
実際は、後方3分の1くらいは屋根のないステージでした。

真ん中より少し前の方で聴いていたのですが、あまり体がのらなかったので、3曲目ぐらいで退散。私の前で踊っていた二人組の女の子に後ろ髪をひかれつつ・・・。


c0034604_029326.jpg<オアシス・エリア>14:30頃
だんだん疲労が(特に足にまめが出来て痛かった)たまってきて、お目当てのジュニア・シニアとレッチリを見る前にテントで休養をしようと、オアシス・エリアを横切ると、J-Waveのブース(公開放送中)前になにやら人だかりが。
テント行く前にちょっと覗いて見ると、なんとそこにはお目当てのジュニア・シニアがゲスト出演!思わず写真撮っちゃいました(みんな撮りまくりだったので)。
番組放送終了間際、あいにく、雨がザーザー降ってきたのでいそいそとテントへ。
急いでマメだらけの足をマッサージ。テントを打つ雨音はだんだんと強くなる一方。
気がつけば、いつのまにかスヤスヤと寝ていました。。。。。zzzzz
[PR]

by akarui-hizashi | 2006-08-01 17:44 | フジロック

ふじろっく2日目(朝~昼)

二日目。
c0034604_159141.jpg目覚めるともう9時。温泉もシャワーも激混み。顔と歯だけ洗って出発!

とりあえずここに来たからには奥のステージも覗いてやろうと、オレンジコート(ステージ)へ。
千葉県で結成されたというアマチュア・ジャズビッグバンドを見ようと、ひたすら歩く。

遠回りになるけれど、舗装されたボード・ウォークなる道を歩いた。
ふと足元を見ると、いたるところに客が書いたと思われるメッセージが。
『ありがとう!フジロック!』とか『最高!』とか。
その中に、『Joe is stil living・・・』と書かれたものがあり、ひょっとしてクラッシュの亡きジョー・ストラマーのことかと想像して思わず涙そうそう。。。

c0034604_15234320.jpg

途中、苗場食堂という名のステージがあり、こんな森の中で聴く音楽も素敵だなあと思ったが、ジャズバンド聴きたさにオレンジ・ステージへ向かう。
c0034604_17375213.jpgオレンジ・ステージにたどり着くまでにはもうひとつ”ヘブン”というステージがあって、ちょうど日本人のバンドが演奏してるところ。
ジャズの開演までちょっと時間があったので、少し聴いてみることに(これが大当たり)!
彼らの名前は、カットマン・ブーチ(cutman-booche)と言って、MCを聞くとどうやら関西人だ。2曲目だったか、演奏が終わったあとにVoがMC中、泣き出し始めた。
『俺、夢やったんや。ここで演奏するのが。。。毎年毎年、観客としてフジロックに来ていて。いつかここで演奏できたらって。エグエグ。。。。(顔ぐちゃぐちゃ)』
観客からやんややんやの大声援が。それでもVo号泣中。
しまいには、ドラムだかメンバーの人に、『次、歌うか?』と、なだめ、うながされる始末。いや~。良かったね出演できて。ごーや飯食いながら、もらい泣きしちゃいましたよ。

つづく。。。
[PR]

by akarui-hizashi | 2006-08-01 14:38 | フジロック