うぐいす鳴かせたこともある


好きになる想いが生きる力だから・・・
by akarui-hizashi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:アルバム( 38 )


2012 ベストアルバム ①

下書き(ちょっと更新)。

1位:"One Day I'm Going To Soar" Dexys
c0034604_0333663.jpg
去年のベスト・ワンはなんと言っても、デキシーズ!
元Dexys Midnight Runnersです(スタイル・カウンシルのミックも復帰)。
そんな彼らの久々のアルバムは、どの雑誌のランキングにも入っていません。

悲しい。悲しすぎる。。。

かつて彼らと共に"真夜中を走り続けた人々"は、このアルバムの存在を知らないのだろうか?
当時"Come On Eileen"で胸ときめかせ、アルバム"Too-Rye-Ay(邦題:女の泪はワザモンだ)"を手にし、彼らのケルティック・ソウルにやられた人は買うべきアルバムですよ!
ケビン・ローランドの歌声は全く変わってないし、衰えもしていません。
当時も渋かったが、今も渋い!
男なら、こんな風に枯れたいなと思わせる手本ですね。

そうそう。
この時期を逃したら、もう日本に来ることはないでしょう。
サマソニ、フジロックに是非!ぷり~~~ず(><)/

2ndシングル予定の"She Got A Wiggle(Single Version)"

注)輸入盤に歌詞カードは入っていません。ちょっとしたフォトブック付き。最近流行のCDむき出し封入ではありません(安心)。

2位:"Wrecking Ball" Bruce Springsteen
c0034604_0211759.jpg


3位:"Monster" KISS
4位:"iUNO!" Green Day
5位:"Love This Giant" David Vyrne & St. Vincent
6位:"Someday" Susanna Hoffs
7位:"La Futura" ZZ Top
8位:"" Gryzrry Bear
9位:"That's Why God Made The Radio" The Beach Boys
10位:"Fanatic" Heart
[PR]

by akarui-hizashi | 2013-01-15 00:35 | アルバム

"Someday" Susanna Hoffs (2012)

c0034604_16421754.jpg

ステキな声ですよね。
まるで、チョコレートケーキの王様、ザッハトルテのよう。

濃厚でしっとりとした甘さを放つ彼女の声は、60年代ポップスのレシピを再現するのに最高な素材。
さすがプリンスが愛でたバングルズのボーカリスト、スザンナ・ホフス。
50になっても、そのキュートな声は衰えていません。


"November Sun(11月の太陽)"から幕を開ける30分弱のこのアルバム。
今月の1枚としてお勧めします(特にバングルズ80年代黄金期を知る人に)。

今日みたいな雨の日には、こちら"Raining"をどうぞ(アルバムではストリングスアレンジが程よくかかってます)☆


Someday

Susanna Hoffs / Welk Records



↓↓↓ 去年発売されたバングルズのアルバムも気になってきたぞ~!

Sweetheart of the Sun

Bangles / Model Music Group


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-11-11 17:16 | アルバム

"For Lovers Only" The Temptations (1995)

c0034604_022433.jpg
『My Girl』のイントロを聴いただけでワクワクしちゃうアナタ!
秋の夜長に、真打ち登場!
今度はこのアルバムで大人の恋にドキドキしちゃってください☆


ミュージカル『南太平洋』のカバー曲"Some Enchanted Evening"で幕を開けるこのアルバム。
彼らの素敵なハーモニーから沸き立つ香りが、あなたの鼻腔をくすぐり、あまねく全身へと行き渡りませんでしたか?

ここは『For Lovers Only』という名のヒーリング・ルーム。
大人の愛を知るダンディな男達による極上のマッサージが、いつでもあなたをお待ちしております。
選べるコースはただ一つ、『テンプテーションズ』のみ。
神に選ばれし5人の施術者によるゴッドハンドが、千手観音よろしく、心と体を優しく包み込み、あなたにあった恋のツボを的確に押してくれますのでご安心を。当店自慢のコースです。

こちらは5曲目の"Time After Time"(シンディ・ローパーじゃないよ)。

Temptations(魅惑)。
なんていい名前なんだ。。。

<追記>
ちなみに本アルバムに参加したオリジナル・メンバーMelvin Franklinは、発売を前にお亡くなりに。そこで途中、彼の代役を務めたRay Davis(元パーラメント、ファンカデリク)も2005年にお亡くなりに。
現在Otis Williamsのみがオリジナル・メンバーとしてテンプテーションズは活動を続けております。

For Lovers Only

The Temptations / Motown


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-11-04 01:02 | アルバム

"Life And Love" Philip Bailey (1998)

c0034604_051784.jpg

日に日に深まる秋の夜。
差し延べたその手の先には、今日もまた、幻の君。
そんなSadでAloneなあなたに(あっ、私か)、ゴスペル・ライクなこの1枚。
アース・ウィンド&ファイアー(EW&F)のボーカリスト、Philip Bailey の8枚目のソロ・アルバム『Life And Love』なんていかがでしょう?
命と愛』!なんて直球なタイトルw

購入前に一つ注意点。
このアルバムにEW&Fのようなファンキーなサウンドを期待してはいけません。ソロで大ヒットした"Easy Lover"もしかり。
ここで奏でられた音楽は、ふるさとに帰ったフィリップが家族や幼馴染に囲まれて披露されたようなアットホームな味わいのものばかり。

決して身構えることなく、自然とリスナーのそばに寄り添ってくれる、そんな1枚です。なので大げさな音を求めてる人には向かないかも。。。

ラスト14曲目に、Surfaceの大ヒット曲"Shower Me With Your Love"をカバーしているので、クワイエット・ストーム風なR&Bが好きな人はつぼにはまると思います(結婚式やプロポーズの場にピッタリ)~☆

こちらは、フィリップ・ベイリーがカバーしたほう。


こちらがそのオリジナル。
Surfaceって凄かったんだなって再認識させられる名曲です。

ライフ・アンド・ラヴ

フィリップ・ベイリー / エイベックス・トラックス


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-10-30 22:19 | アルバム

"Monster" KISS (2012)

c0034604_12412524.jpg
KISSがいつも以上に本気だ!
スピードメーターは、最後までレッドゾーン状態。
新作は、『俺達が先に倒れるか、お前らが倒れるか勝負だ!』と言わんばかりに、バラード一切無しの攻め曲ばかりです。

実はドナルド・フェイゲンの新作を買いに行ったのですが、浮気してしまい、KISSの新作を買ってしまいました。
だって試聴したら笑顔が止まらないんだもんw
タワレコでビリビリ感電、エビ反っててしまいましたよ。

なんだろう、この『衰退しつつあるロック界を背負って立つのは、今も昔もこれからも、俺達KISSだろ~』的な。

これを聴いて全世界の眠れる元ギター・キッズは、スーツを脱ぎ捨てて思わず倉庫に駆け込んだんじゃないでしょうか。ほこりを被って眠っていたギターを手にし、かきむしったのでは?
そして久しぶりにご主人様に出会えたギターはその喜びのあまり、いつも以上に、むせび泣く、むせび泣く。。。
あ~。想像しただけで胸熱。

今回、収録曲がいちいち憎いです。
ロック好きは、『あれ。これって・・・』てな展開で、終始ニヤニヤしっ放しだと思います。

ディープ・パープル、エアロスミス、ニルヴァーナ、レッド・ツェッペリン、ボン・ジョビ、デフ・レパード、ポイズン、スレイド・・・と、例を上げたらきりがない。

今週、私のウォークマンは、これ一色でした。
ウォークマンのイコライザーを、行きはポップスにして"お目覚め&戦闘モード用"に。
帰りはヘヴィーにして"ストレス解消&アドレナリン注入用"にと、色々変えて楽しんでいます。

I Love KISS.
とにかく、地獄からの使者は、天国からの使者より最高な奴らだよ。
ロック界一のかぶき者に、感謝!

モンスター~地獄の獣神(3Dジャケット)(限定盤)

KISS / ユニバーサルミュージック


私は輸入の通常版を買いましたが、20ページほどのブックレットで全曲歌詞付でした。
初回3D仕様も欲しいな~☆
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-10-27 13:18 | アルバム

"One Clear Voice" Peter Cetera (1994)

c0034604_005528.jpg

食欲の秋。芸術の秋。そしてAORの秋ですね。

毎年この時期になると、行きたいと思っているコンサートがあるのですが、まだ1度も行ったことがありません。それは、デイヴィッド・フォスター&フレンズ ジャパンツアー!!!

今年は(も)メンツが凄い!

ベイビーフェイスにポール・ヤング。さらにさらに、チャカ・カーンも。
そして今まさに1番ライブに行ってみたいと思っていた、ピーター・セテラ様がやってくるんです!

シカゴの『素直になれなくて』があまりにも印象深く、彼のソロ・アルバムをこれまでずっとスルーしていたのですが、この夏、たまたま手にした『One Clear Voice』(ソロ5作目)がとっても良くて、今年のくそ暑い夏は彼のクリア・ボイスで気分だけでもクールダウン。今だに毎日聴いてます。秋こそ彼の真骨頂というべきか。
AOR好きにはたまらない1枚です。

私が特に気に入ったのは、アルバムのラストを飾る
"Happy Man"
これは、ウエディング・ソングにいいんでは?

"Merely by chance
Very unsuspecting
You caught my heart
Unprotecting me
Now I've fallen in love with you・・・"

シカゴ辞めてからもこんなにもステキな曲を書いていたんだなと、この曲について調べてみたのですが、シカゴ在籍時にピーターが作っていたんですね。シカゴの7枚目のアルバム"Chicago VII"に収録されていました。


こちらはライブ映像。

"Chicago VII"、絶対、絶対、買わなきゃだね☆

この"One Clear Voice"というアルバムは良曲ぞろいでして、最初にシングル・カットされた"Forever Tonight"という曲は、なんとあの美メロ王子、エリック・カルメンさんによる作品です!
チャートは85位と奮いませんでしたが、曲の進行といい盛り上がり方といい、同じエリックによる作品"Almost Paradice"を髣髴させ、ニンマリです。

他にも、"One Clear Voice"と"Faithfully"がシングルカットされましたが、チャートインならず。
どちらも良い曲なんですけどね。

おまけ。1984年 最高位7位 "Almost Paradise" Mike Reno & Ann Wilson


年内のももクロのチケットは全部落ちたことだし、久しぶりに洋楽のライブに行ってこようかな~。
ライブの日は11月12日で月曜か。しかも7時開演。
会社から即行でも、ギリだな。う~ん。。。

One Clear Voice [import]

Peter Cetera / River North Records / MCA


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-10-23 23:11 | アルバム

"La Futura" ZZ TOP (2012)

c0034604_043020.jpg

ももクロ・ファンクラブ先行予約チケット。
『男祭り』、『ももクリ2012・2days』。
全て落選・・・。

今年はもう彼女達に会えなさそう。

今月末、長崎で行われる『クローバーEXPO』のチケットはあるには、あるのですが。席が1番後ろの、D2ブロック。。。

東京⇔長崎の交通費とか宿泊費考えると、う~ん。どうしましょ?
まだ悩んでます。

昨日買ってきた、ZZ TOPの9年ぶりの新作"La Futura"のジャケが、見ようによっては悩んでいるようで、今の私の心境を表してます(病気や)。
本当はタイトルにあるラテン語の"La Futura"、つまり『未来』を見つめている姿なんでしょうけど。

しかし、なんてすてきな名前なんでしょ、ZZ TOP
ももいろクローバーZの""が2つも付いていて、しかもそれがTOP=頂点ときたもんだw
これぞ『世界のももクロ No.1!』ですな。

チケット落選の余波で、オチもベタ。ベタベタやん(><)/


今回はリック・ルービンをプロデューサーに迎え、ZZらしいブリブリなズンドコ・ロックを展開。
その筋が好きな方は気に入るはず?
ちょうど重めなサウンドを欲していた私は、懐かしさも手伝い、只今ヘビロテ中です。

La Futura

Zz Top / Republic



【今日の復習】
『世界のももクロNo.1!』を英語にすると、『ZZ TOP !』

ハクナマタタ。おやすみなさい zzz
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-09-24 00:45 | アルバム

"Overexposed" Maroon 5 (2012)

c0034604_0175079.jpg
今日、オフスプリングの新譜を買いに行ったら、マルーン5の新譜にプリンスの"Kiss"のカバーが!予定変更してこっちを買っちゃいましたw


歌の部分より演奏の方が長いって、ワイルドだぜ~w

ビッグバンド風でプリンスのカバーにしては非常によく出来てると思うんだけど。

少なくとも、昔トム・ジョーンズがカバーしたものより断然こっちの方が良いな。

オーヴァーエクスポーズド

マルーン5 / ユニバーサル インターナショナル




体の芯まで紫に染まってから、早、30年。
☆原曲に勝るものはないね☆
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-07-01 23:22 | アルバム

"Tropical Brainstorm" Kirsty MacColl (2000)

c0034604_22401435.jpg
暑かった~!

もう夏だ~!

夏なんだ~!

誰かさん(?)の青森のライブで頭のネジを落としてきたから、余計に頭が変になってるぞ~w

そんな時は、南国チックなサウンドを体いっぱい浴びるに限る!

てなわけで、今日は、カースティ・マッコールの『トロピカル・ブレインストーム』を聴いていました。

Tropical=『熱帯』、Brainstorm=『一時的に頭が変になること』なので、こんな日にはピッタリなんじゃないでしょうか(このアルバムは彼女の遺作となるわけですが・・・)。

このアルバムで、私の1番好きな所は9~10曲の流れですかね。下で紹介する曲はその10曲目にあたる"Us Amazonians"です。

昨日のももクロ青森ライブ記事で紹介したトレーシー・ウルマンさんは彼女の曲が大好きみたいで、何曲もカバーしていますね。なかでも、"They don't know"がやはり1番良いかな(このアルバムには入っていませんが)。

このアルバム、『トロピカル・ブレインストーム』は、比較的入手しやすいです。私はHMVで、確か500円で購入しました。US版は16曲入っているそうですが、私のはEU版で13曲でした。

アルバム2曲目の"In These Shoes"は気だるい暑さを助長しそうな曲ですが、結構、人気があって、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』とか映画『キンキーブーツ』などに使われてます。


結論。

☆ちょっと夏気分を味わいたい時に持っていても損の無い1枚ですよ☆
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-06-30 23:37 | アルバム

なんと、D・M・Rの新譜発売!!!

c0034604_2118278.jpg
毎日ももクロに明け暮れていたら、完全に出遅れました!

なんと愛しのデキシーズ・ミッドナイト・ランナーズのニュー・アルバムが来週発売されるんですと!

ぎゃ~~~~~~~~!

アップした写真のレコード、何回聴いた?

文字通り、擦り切れるほど聴いたよ。

最後のアルバムから何年待ったの?

えっ、27年?!

またケヴィン・ローランドの声が聴けるんですね。

来日してください!

今年のサマソニ、懐かし枠として、Tears For Fears と一緒に来てちょ。
Come On Dexys !


P.S.
デキシーズの代表曲"Come On Eileen"は、野口さんが乗った2005年のスペース・シャトルのモーニング・コールに使われましたね。帰還が1日延長された朝、船長がアイリーンさんという女性の方だったからという理由がしゃれています。ちなみに、この前日のモーニングコールは、SMAPの『世界にひとつだけの花』でした。
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-05-31 21:58 | アルバム