うぐいす鳴かせたこともある


好きになる想いが生きる力だから・・・
by akarui-hizashi
カテゴリ
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧


"B.Y.O.B." System Of A Down (2005)

c0034604_1253196.jpg
優しさと哀愁と激しさを、転調に続く転調に乗せ、ドラマチックな物語を歌で表現するSystem Of A Down(バンド名は『下層界の組織』とでも解釈すればいいのかな?)。

彼らは、この"B.Y.O.B."という曲で、2006年グラミー賞ベスト・ハード・ロック・パフォーマンス部門を受賞しました。この曲が収録されているアルバム "MEZMERIZE" は、6月4日付で全米1位を獲得(全世界で1000万枚を売上)。プロデュースは泣く子も黙る、リック・ルービンでございます。

B.Y.O.B.とは、パーティーなどで送られてくる招待状に使われるフレーズで、Bring Your Own Bottle[Beer]の頭文字。『お酒は各自持参してください』と言う意味です。もちろんこの歌ではそんな意味はなく、Bring Your Own Bomb
戦争するなら市民を巻きこむな、当事者の大統領が戦地に『爆弾持参』で行ってこいってことでしょうね、きっと。

歌詞で何度も叫ばれている"Why do they always send the poor"から分るように、戦争と言うのはいつも貧しい者が戦地へ送り込まれる、ということをSOADは訴えています。

また、"Kneeling roses disappearing into Mose's dry mouth"という歌詞は、キリスト教(聖書)を知らないとよく分らない部分ですね。ちょっとネットで調べてみたら、何となくそれらしきことが『出エジプト記』に書いてありました。

それによると、『水に苦しむ民がモーセに不平を言うと、モーセが神のお告げを聞き、苦い水を甘い水に変え、民を苦しみから救った』とあります。でもこの歌では、モーセを戦争統治者としてワルモノ扱いされている感じがします。バラは渇きに苦しむ民ではなく、モーセの口をうるおしたと。

バンドSystem Of A Downは1度休止したものの、去年、再活動し、ライブを行っているそうです。日本に来て欲しいですね。これを逃せば、『もう会えないバンド』になってしまいそうで不安です。

先日、テレビでマーティン・フリードマンが
c0034604_1273114.jpg
と、発言していたのですが、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』もそうだけど、転調使いのヘビメタ・バンドSystem Of A Downも、ももクロを表す表現として”あり”かと思って、今回、紹介いたしました。

最初は恥ずかしくて聞いていられませんでしたが、ジワジワときましたね。
彼女達の7枚目のシングル『猛烈宇宙交響曲・第7楽章「無限の愛」』。

ステキすぎます。。。

メズマライズ

システム・オブ・ア・ダウン / ソニーミュージックエンタテインメント


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-30 19:00 | ももクロchan

"Crazy Train" Ozzy Osbourne (1980)

c0034604_195923.jpg
皆さん、聴きましたか?
世界のももクロの高城れにさんによる、ラジオ番組『king Of Rock』を!
Inter FMがなかなか入らなかったので、私はこちら『radiko.jp』で聴きました。
10:20~10:30PMの10分という短い時間でしたが、じっと耳を澄まし、最後まで楽しく聞かせていただきました。こんなにもラジオに(今回はパソコンからの音声ですが)へばりついたのは、『ビートたけしのオールナイトニッポン』以来じゃないでしょうかw

内容ですが、凄かったです。れにさんの口から、オジーだの、マリリン・マンソンだの・・・予想外でした(たしかアイドルでしたよねw)。今回の特集はオジー・オズボーンで、彼女はかなりの影響を受けているそうです。
ライブ前には、オジーの古典、"Crazy Train"Black Sabbath(オジーがソロになる前に在籍していたバンド)の"Iron Man"を聞いているんですと!
オジーを知っているなんて、親の影響でしょうか?
そして、今回、彼女が選曲したのはオジーの代表曲である"Crazy Train"でした。
もしかしたら、この子のせい?結構、テレビに出てたし。
オジーが子供のことを抱えるシーンは、亡きギタリスト、ランディ・ローズとの有名なシーンの再現ですよね。

さてさて。来週は誰の特集なんでしょうか?
れにちゃんのイメージカラー紫からして、Deep Purple?
Jimi Hen?
ま、まさかの、我が神、プリンス、パープル・レインとか?!
ありうる!期待しちゃうw
来週も頑張れ、『クれーにー・トレイン』☆

ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説 レガシー・エディション

オジー・オズボーン / SMJ



C"れーにー" ・Trainを訳してみました
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-27 01:51 | ももクロchan

"No More Tears" Ozzy Osbourne (1991)

c0034604_034077.jpg
特定のジャンルの音楽に対して超えられない壁を作ってしまうと、なかなか、そのジャンルのアーティストを知ることはありませんよね。私にとって、80年代のヘヴィー・メタルがそうでした。

メディアから配信される彼らのニュースはショッキングで、その横に添えられたおどろおどろしい写真が、さらにそのイメージを助長していました。
まず、ジャケットがだめ。当時は、とても受けつけられませんでしたね。
c0034604_9482161.jpg

でも、10年、20年とたっていくにつれ、そうしたヘビメタへのイメージは払拭され、手にとって聴いてみると、全然、そんなことはなかったんですよね。
笑っちゃうくらい、ライト。
想像していたヘヴィーなイメージは、なんだったんでしょうって感じです。

そのギャップの大きかったアーティストの代表格が、OZZY OSBOURNE

それでも最初は恐る恐る。
初めて買ったのが、彼の中で1番普通のジャケットの"No More Tears"でした。
このアルバムはオジーの6枚目のアルバムで、2曲目の"I Don't Want To Change The World"で、オジー初のグラミー賞(ベスト・メタル・パフォーマンス部門)を受賞しています。売上も400万枚と、彼のキャリアで2番目に売れたアルバムです。

シングルカットされた、アルバムと同じタイトルの曲"No More Tears"は、約7分半と、とても長い曲で、ラジオではショート・バージョンが流されていました。結果、71位止まり。
YouTubeだと分かりづらいですが、この曲をぐいぐいと引っ張っていくベース音が、私は大好きです。

こういった長い曲は、ラジオから流れるレッド・ツェッペリンの『天国の階段』がいつも尻切れトンボのままで終わってしまうのと、同じですね。全部聴いてなんぼのもんって曲ですから(プリンスの『パープルレイン』しかり)。『天国の階段』は、初めて全部聴いたときに、レコードショップに駆けつけました。それまで(ショートバージョンしか知らなかた時)は、たるい曲だな~って失礼なことをずっと思っていました。

さて!

前口上が長くなりましたが、なんと、明日、4月26日(木)からInterFMの番組「YOUNG BLOOD」にて、新コーナー「高城れに の King of Rock!」の放送がスタートすることになりました!

高城れに?誰それ?

知らないんですか?!
あの、高城れにちゃんですよ。
あの、週末ヒロインももいろクローバーZのメンバー、紫の、びりびり感電少女の、
『た・か・ぎ・れ・に』
ちゃんですよ!

大事なことなので、2回言います☆
放送日時は、毎週木曜夜10時20分頃〜 約10分間(4月26日スタート)。

このコーナーでは、毎週、ももいろクローバーZの感電少女・高城れにが影響を受けた、世界における数々のロックスター達を紹介するという、洋楽好きで、ももクロ好きには夢のような番組です。

そして、初回(4月26日)は、な~~~んと、
へヴィ・メタル界の生ける伝説、オジー・オズボーン!!!

もう、おわかりで。
今日は、高城れにちゃんのラジオ番組開催記念ブログでした~w

頑張れ、笑顔が1番、高城れに!
世界のももクロ、高城れに!
黄色推しなんだけど・・・

ノー・モア・ティアーズ

オジー・オズボーン / ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル



おまけ(曲調の変化が似ています・・・)
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-26 00:28 | ももクロchan

ももクロ『夏の全国ツアー』と"Prince"

ももクロの『夏の全国ツアー』の開催場所が、10年前の2002年に行われたPrinceの"One Nite Alone... Tour"の開催場所と重なりまくって、テンションがあがっていますw

6月17日(日)東京都 NHKホール
6月23日(土)宮城県 Zepp Sendai
6月24日(日)青森県 リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
6月29日(金)広島県 広島ALSOKホール
6月30日(土)鳥取県 米子コンベンションセンター
7月14日(土)兵庫県 神戸ワールド記念ホール
7月16日(月・祝)愛知県 名古屋国際会議場センチュリーホール
7月20日(金)福岡県 福岡サンパレス
7月22日(日)静岡県 アクトシティ浜松 大ホール
8月5日(日)埼玉県 西武ドーム「ももクロサマーダイブ2012」

赤字がPrinceのライブが行われた場所で、どの場所も、とても思い出深い会場です(@在東京)。このときのPrinceのライブは北海道から九州まで全9公演制覇したけど、今回はどうしよう。
とりあえずダンス覚えておこ~☆
今会えるアイドルから、もう会えないアイドルになりつつあるし。
全公演、行っ"Chai" ます?

総統閣下もお怒りだとか・・・
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-25 01:27 | ももクロchan

"Living in the U.S.A." The Steve Miller Band (1968)

c0034604_1201714.jpg
聴いたらきっと、『あ~、これがあれだったのか~』って、思える洋楽です。
スティーブ・ミラー・バンドの2ndアルバム"Sailor"収録の、"Living in the U.S.A."。
スティーブ・ミラー・バンドには、この2ndアルバムの時代まで、ボズ・スキャッグスが在籍していました。そしてボズは、このアルバムに3曲提供していて、そのうち2曲をリード・ボーカルとして歌っています。

さて。
この"Living in the U.S.A."には、毎度おなじみな、なんちゃって邦題が付けられています。
その名も、『アメリカ万歳!』。

ん?
アメリカ万歳???

からの~~~ぉ。
ニッポン万歳!

きた~~~~~~~~!
今の日本を支える希望の歌。
全国民の涙をそそる、ももクロの名曲『ももクロのニッポン万歳!』。
これは震災後にリリースされた曲で、このビデオはちょうど1年目に当たる2012・3・11に行われたライブ映像です。
アイドルはちょっと~って思ってる人にも、1度は聴いてほしい。
最後の、『東北』のパートまで。
お願いです。聴いてください。。。

彼女たちも泣きながら歌っています。
そして、『大好きです!』とレスポンスしている観客も号泣だったと思います。
今、書いてる自分も・・・うっ(涙)。

いまだかつて、『大好きです』という言葉に、こんなにも想いを込めて叫んだことはないし、聞いたこともない。

Sailor

Steve Miller / Indent Series


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-24 12:06 | ももクロchan

『見渡せば大パノラマ”天国”~☆』 ももクロ (2012/4/22)

c0034604_023894.jpg
昨日は見切り席、今日は映画館のライブビューイングへと、ももクロまさかの2Daysに行ってきました~!

横アリではサイリウムを持っていかず、"もののふ"の皆さんと応援することが出来ませんでしたが、今日はちゃんと持っていきましたよ。
東京の映画館は全滅だったので、隣の千葉まで行ってきました。
場所はTOHOシネマズ市川。
最寄りの本八幡駅前にはドンキもあって、ルミカ・ライトの準備はOK(もちろん黄色w)。

案の定、映画館限定のペンライトは瞬殺で完売とのこと。
限定タオルも売り切れで、残ったのはTシャツだけでした(メンバーの名前が入っていれば売り切れたのに…)。

現場の横アリで見るのも良かったですが、映画館でも十分楽しめましたよ。
って言うか、むしろ大画面で、等身大以上のももクロを、穴が開くほどアップで見ることが出来て幸せだったかも。あとでDVDで家で見ることができても、あの迫力を出すほどの機材と財力はないしね。

観客の層は、老若男女色とりどり。
大人も子供も、女子も男子も大勢の人で埋まっていました。
前列2~3列が若干空席だったくらいの大入りでしたよ。
そしてこの日の、もののふ大賞は、『ココ☆ナツ』のココココ体操で映画館を走り回った、アナタ!あんたら最高だったよwww
あと1~2分、ココココ踊りを延長してたら、みんな、輪になって会場中を走り回ったと思います。これはライブ会場では味わえない、ライブビューイングだけの楽しみ方の一つですね。
定着するといいな~。

ライブ後のエンディング映像が終わったあと、観客席にいた山ちゃんが写っていましたね。帰ろうとして席を立ち上がりかけていたので、本人は気付いていなかったみたいw
塚地さんもきっとどこかにいたはず!
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-23 00:33 | ももクロchan

ももクロ・ライブでの洋楽あれこれ

今日の、ももクロ・ライブ『横浜アリーナまさかの2DAYS』初日で聞けた洋楽が4曲ありました(おそらく。他にもあったかも)。

1曲目:グリーン・ディの"Basket Day"。
原音がそのまま流れていました。

2曲目:シュプリームスの"You Can't Harry Love"。
ももか、しおりん、れにのユニットによるカバー。

3曲目:ジェームズ・ブラウンの"Sex Machine"。
ゲロッパのリズム使いまくりw。ファンク好きなわたしは自然と腰が揺れてしまいました。在日ファンクのファンになってしまったかも?!

最後は、SEX PISTOLSのシド・ビシャスが歌う"My Way"
(もとはフランク・シナトラだけど)。
ライブ後に流れたエンディング映像で、ももクロが歌っていました(たぶんももクロ自身だと思う)。若い時、反骨精神を出したい時は、やはりシドVer.になっChaiますね。

明日は、映画館でライブ・ビューイングに行こうかな。
ももクロの今回のライブは2Daysで、両日、内容が違うんですよ(汗)。
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-22 01:47 | ももクロchan

『愛のメモリー』 松崎しげる (昭和52年)

c0034604_019582.jpg
まさにオールスターズでしたよ、今日のももクロちゃんのライブはw
昨夜、急遽発売された360枚追加の”見切れ席”が、簡単に電話が繋がり手に入ったので、行ってきたのですが、すごかったですよ、ゲストの皆さんが。

ワイルドワンズに、デュークエイセス
のど自慢のアコーディオン奏者で有名な横森良造さん。
はたまた、さんまのまんまのマスコット、マンマちゃんに、ゲロゲーロの青空球児・好児
あっ、完全アウェイだっていうのに、AKB48の指原莉乃さんが勇気を出して登場(怖かっただろうにね。よく頑張ったよ)。

そして最後に日本で1番熱い男、松崎しげるさんが『愛のメモリー』をももクロのために熱唱してくれました。さすが名曲。生で聞くと違いますね。この曲を聞きたくて高いお金だしてディナーショーに行く人だっているというのに。どんだけ贅沢なライブなんだよ、ももクロちゃん。松崎アニキのアルバム欲しくなりましたよw


そして何故、松崎しげるだったのかが、次の曲を歌うことで判明することに。。。

そうです!次回8月5日に行われる、ももクロちゃんのライブ会場が西武ドームだったんですよw
西武ライオンズの応援歌『地平を駆ける獅子を見た』って、松崎しげるさんが歌っていたんでしたね。
だからって、ももクロのライブに出演してくれるなんて。
かっこいい~。

こんなにも沢山の人たちが、まさかアイドルのライブに出てくるとは思いませんでした。
『ももクロ☆オールスターズ 2012』の”オールスターズ”と言う意味が理解できましたよ。
あ~、楽しかった。

あっ!忘れてた。
在日ファンクさんも出演していました。
おつかれ、オチビ(?)さん☆
ゲロッパ!
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-22 00:59 | ももクロchan

ももクロ春の一大事

c0034604_12554654.jpg
なんと、チケットが手に入りました!
これから行ってきます☆

♪ ひょ~いと、ひょ~いと、ひょひょいと。ニッポン!
♪ ひょいと ニッポン 大冒険(キーーーーーン)。

『ももクロのニッポン万歳!』(作詞・作曲:前山田健一)より

私は不覚にも、この曲に涙した。。。
[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-21 13:06 | ももクロchan

"Love's Ring of Fire" Anita Carter (1962)

なんてステキな歌声なんでしょう。

これはジョニー・キャッシュが"Ring of Fire"をレコーディングする前年の1962年、この歌を書いたJune Caeterさんの姉妹Anita Carterさんによるもので、Original Versionになります。なんでも、この曲が半年たってもヒットしなかったら僕に歌わせてくれとジョニーが頼んだそうです。結果、ジョニーは歌うことになるのですが。この澄んだ歌声を聴いてしまったら、ジョニーの前妻Vivianによる『I Walked the Line: My Life with Johnny』という本での反論(後妻のJuneが作ったものでないとか、"Ring of Fire"は女性のある特定の場所を指しているとか)が吹き飛んでしまいました。そんなわけないと。

私は歌の力を、歌から伝わるものを信じたい。
この曲は、素直に、愛について歌っているんだと。

Ring of Fire

Anita Carter / Bear Family


前妻の嫉妬は恐ろしいですね。なにもジョニーと後妻のジューンが亡くなってから、こんな本を出版することなんかないのに。。。でもこの本に書かれている、ジョニーから前妻ヴィヴィアンへの手紙は読んでみたい。
あれれ。これって出版社の思うつぼ???
別にいいやw
洋書だけど、買おうかな。

I Walked the Line: My Life with Johnny

Vivian Cash / Scribner


[PR]

by akarui-hizashi | 2012-04-21 01:20 | シングル